やっぱり我が家が1番

36歳の妊活日記

妊活・妊娠中に湿布などの外用鎮痛・消炎剤を使ってはいけない?

胎児に障害が発生した例が…

f:id:riecoro:20170718152932j:plain



肩こりや腰痛・筋肉痛の時などに
湿布を貼ったり
スティック状の外用鎮痛剤を
ヌリヌリしてました


でも長期間塗り続けると
身体に良くないという情報を
入手してしまいました…

【使うならどっち?】外用鎮痛・消炎薬(湿布など)編
※メインブログへとびます

インドメタシンについて


インドメタシンは
プロスタグランディンという
痛みを引き起こす物質の生成を
抑える
ことができます


プロスタグランディンは


・血圧の上昇・降下
・血小板凝集
・血管拡張
・子宮・気管支・血管などの収縮
・骨の新生と吸収


という重要な働きがあるので
生成されにくくなると
身体のあちこちに副作用
現れてしまうそうです…

切迫早産の治療薬として使われていた


インドメタシンは1970年代に
切迫早産の治療薬として
使われていました


妊娠末期の妊婦さんに
インドメタシンを投与した際に


・動脈管収縮
・腎不全
・腸穿孔(せんこう)

 (↑腸に穴が空く病気)


などの胎児に障害が発生した
例があったそうなんです…

ちゃんと説明書きに書かれていた


ドラッグストアで売られている
ある商品には


「妊婦又は妊娠していると思われる人」の場合
医師や薬剤師に相談してください


という注意書きが表記しています!!


・ジクロフェナクナトリウム
・フェルビナク
・ボルタレン
・BHT


これらが成分で入っているものは
医師や薬剤師さんに相談してから
使うようにした方がいいかもですね


使うならこちらを選ぶと
安心なんだとか◎


妊活中・妊娠中にオレンジやレモンを食べない方がいいかも
妊活・妊娠・育児中の人は虫よけ製品にも気を付けて

おわりに


たまぁに使う分には
問題ないと思われますが
なるべく使いたくなくなりました…


その為、肩こりが酷い場合は
お灸や指圧でツボを刺激し
筋肉痛の場合は
ストレッチやマッサージをして
なるべくこれらの商品を
使わないようにしている
りえっこなのでした☆


最後まで読んでくださってありがとうございました☆
よろしければ応援のクリックお願いいたします♪

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代後半赤ちゃん待ち)へ