やっぱり我が家が1番

36歳の妊活日記

【妊活おすすめ本】からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て

身体の不調は食事で治す

f:id:riecoro:20170806134137j:plain


なかなか子供ができなくて
これからどうしようか困っていた時
そのことをチラッと友人に話したら
この本を勧めてくれました


全てマネすることはできませんが
この本を読んで
食に対する考え方が大きく変わりました

日本人には穀物採食が1番


「糖質制限ダイエット」や
「小麦粉を食べると身体に悪い」など
いろいろな健康法やダイエット方が
溢れかえっています


どれも「うんうん、それっぽい!!」と
思えるのですが
この本を読んで「ちょっと違うかも…」と
考え直しました


日本人の腸は西洋人の腸と
作りや長さが違います


・海外セレブが食べてるから
・インスタ映えするから


とスムージ―を飲んだり
スーパーフードを食べ続けていると
冷え冷えの身体になってしまうかも…


南国で育った食物は
基本的に身体を冷やすようになっています


日本人には日本で育った食物を
旬の時期においしく頂くようにすると
自然と身体も健康になるように
なっているのです


ちなみに砂糖は
ガンガン身体を冷やしますよ!!

つわりが酷くならないように今からできること

台所は「家庭の薬局」という考え


「熱が出た。冷えピタ貼らなくちゃ」


でもその時
お家に冷えピタがなかったら?


タオルで冷やすのもいいですが
身体にこもった不要な熱を中和して
熱を下げてくれる豆腐を使った
豆腐パスタ―」を使うといいですよ


その他にも
さといもパスタ―」を患部に貼り続け
ガンを克服した方のお話など
興味深いコラムも見どころです


ちょっとした不調から
命が危ない病まで
食生活を変えるだけで
お家にあるものを使うだけで
お悩みが解決されることがありますよ^^

まずは調味料から


マクロビ食をすぐ取り入れることは
難しいし続かないと思います


私もこの本をオススメしていながら
マクロビ食はできていません


なぜなら主人が嫌いだから…


自分だけならまだしも
家族を巻き込むとなると
よっぽど理解のある方じゃないと
無理に等しいと思います


でもそこで諦めないで
私は調味料をちゃんとしたものに
買い替える
ことにしました


醤油にしてもみりんにしても
添加物の入っていない
昔ながらの手法で作られたもの


少し割高ですが
たったこれだけでも
身体に優しいですからね

おわりに


マクロビ食は基本的に肉・魚を
食べないようにと書かれています


主人はお肉大好き人間なので
お肉の代わりに大豆製品を使うと
怒ってしまいます…


作る側も大変なので
できることだけ取り入れています


妊活だけじゃなく健康のためにも
本屋さんなどで見かけたら
一度「どんなんかなぁ?」と
チラ見して欲しいなぁと思う
りえっこなのでした*


最後まで読んでくださってありがとうございました☆
よろしければ応援のクリックお願いいたします♪

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代後半赤ちゃん待ち)へ